良好な燃費

三菱新型 RVR の搭載エンジンは、直列4気筒の1.8リットルです。トランスミッションは CVT で、オルタネーターと車載バッテリーによる減速エネルギー回生システムを搭載しています

。4WD 車でも1リットルあたり15キロメートルという良好な燃費を実現しています。4WD 滑川アウトランダーと同じ三菱自慢の電池制御システムとなっています。2WG4WD 、ロックの駆動モードがダイヤル一つで切り替えられるようになり、4WD の三菱の面目躍如というところがいえそうです。優れた踏破性を持つ車です。エンジンと CVT 、ブレーキを統合制御する。アクティブスタビティコントロールや、坂道での後退を防ぐヒルスタートアシストも、4WD 車には標準装備されているというのでとても嬉しいですね。上級グレードの CVT は、パドルシフトつきでスポーティなドライブも可能となっています。アウトランダーでとても良い評価を得た、上質な走りのフォールが、 RV R でも存分に味わうことができます。車無料査定